アフェクションリワードのコンセプト

concept

治療理念

治療理念

アフェクション(affection)とは「慈愛」、リワード(reward)とは「報いる」という意味です。当院の名称に使用している「アフェクションリワード」という言葉には、お越しくださる患者さまへ愛をもって、感謝をもって接していこうという想いが込められています。

そのためには、治療の技術や経験ももちろん大事です。しかし、患者さまがストレスを感じることなく、より良い環境で治療を受けられることも重要と考え、スタッフの強化・教育、院内環境を整えることなどにも気を配っています。

たとえば、当院では「患者さま第一」で接するように心がけていますが、ときには患者さまのご希望と異なる治療をおすすめすることもあります。それは、今後の患者さまの生活や全身症状との関連により、専門家からみて患者さまにベストな方法をお伝えするようにしているからです。

大事な患者さまだからこそ、これからも当院ができることは何かを常に追求し、愛情やお返しの気持ちをどう具現化できるのかを考え続けてまいります。

患者さまに対しての想い

患者さまに対しての想い

「当院へいらした患者さまが、みな健康に過ごしてほしい」それが当院の願いです。だからこそ、「歯の治療をしたら終わり」ではなく、他の全身症状が治ってから、はじめて「治った」と言えると考えています。

特に、矯正やインプラント治療は、今後の患者さまの生活に長く関わってくるものです。ですから、これから何十年後までの生活を見越して、その患者さまにとって何がベストな方法なのかを、二人三脚でじっくり考えています。

私たちができることは歯の治療やケアですが、それが患者さまの将来に良い影響を与えることができると信じています。最近では、歯周病が全身疾患に関わりがあることや、噛み合わせや歯並びがお子さまの発育に影響することもわかっています。

患者さま自身が歯の治療やケアに興味をもち、治療に積極的に関わり、楽しみながら結果を出していくことができるよう、これからも努力し続けてまいります。

歯科医療を通じて、社会へ貢献したいこと

歯科医療を通じて、社会へ貢献したいこと

今まで歯医者といえば、「むし歯ができたら行くもの」という認識がされていました。お子さまのなかには、歯医者に対して「怖い」「痛い」などのマイナスイメージがある方も多いでしょう。

しかし、近年では「予防歯科」などの言葉も定着しつつあるように、むし歯や歯周病などができるのを防ぐためや、歯並びや噛み合わせを治すために歯医者を利用する人も増えてきました。また、口の中の病気や衛生状態が全身に及ぼす影響について、問題視する声も高まってきています。

このように、歯医者へ通うことは全身の健康に関わることなのに、これまで病院側も患者さまへ対して十分な働きかけができていなかったように思います。当院では、歯医者のイメージを変えることで、もっと歯医者を身近に感じていただき、あたりまえのように歯医者へ通うことを習慣として定着させていきたいと考えています。

歯科治療から全身疾患の改善へ。患者さまの将来の健康のために、当院はこれからも積極的に関わっていきます。

スタッフに対しての想い

スタッフに対しての想い

患者さまに楽しみながら治療を受けてもらうためには、医師やスタッフも楽しく働くことが必要だと考えています。患者さまへより良い医療を届けるためには、スタッフの能力を高めたり教育を行ったりすることはもちろん大事です。そのうえで、当院のスタッフは本当に患者さまのことを一番に考え、歯科医療というものに楽しく向き合っています。

これからもスタッフみんなで励まし合いながら、高め合いながら、そして何より楽しみながら歯科医療を行ってまいります。

TOP